« 昔の@homepageを整理してたら | トップページ | 増えるRX2 »

BIOSとしてのWin10

Win10を32bitCPUに載せた場合、超漢字が動作するVMが限定されます。
手元で確認した範囲では、VMware-player 1.0.x/2.0.x/2.5.x系が使えます。
※:core solo U1400で確認、2.5系の方が周期負荷が少ない。

64bitCPUの場合は、OSも64bit版にする事で最新のPlayerが使えます。
http://www.chokanji.com/ckv/supportdata/win10/main.html
(win10は32bit版で認証されていれば、裏技的ですが64bit版をクリーンインストールする事が出来ます)

p.s. 64bit環境だと、virtualboxでも1B/V3が動いてびっくり。

|

« 昔の@homepageを整理してたら | トップページ | 増えるRX2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74416/64016811

この記事へのトラックバック一覧です: BIOSとしてのWin10:

« 昔の@homepageを整理してたら | トップページ | 増えるRX2 »